特定外来水草『ナガエノツルゲイトウ』は駆除できるのか?

2022年1月13日(木)

当農園「淡路島ソーラーファーム」の田んぼの一部も利用していた『本田池(ほんでんいけ)』に『ナガエノツルゲイトウ』が繁殖しています。

※発見からの経緯は、当H.P.の検索で『ナガエノツルゲイトウ』と入力してご覧いただけます。

『ナガエノツルゲイトウ』の被害を最小限に抑制しながら根絶するためのボランティアを募集いたします。

日時    令和4年1月23日(日)10時~16時

      令和4年2月11日(金・祝)~13日(日)10時~16時 予備日14日雨天順延

(できる日・できる時間帯だけでも可能)

場所    本田池(洲本市五色町都志米山)

アクセス  高速バス(三ノ宮高速バス乗り場または高速舞子バス乗り場⇒高田屋嘉兵衛公園行き

終点下車後、徒歩約5分 ウェルネスパーク五色内GOGOドーム北側に池があります

車でお越しの方は、池付近に駐車スペースは無いので、ウェルネスパーク五色の

駐車場をご利用ください。

取組内容  1/23(日)は、池内でナガエツルノゲイトウを刈る・焼却等の作業

2/11(金)~の作業は、遮光シートを池に張る・土のう袋に土を入れる等

いずれも専門家の指示に従って行なって作業をしていただきます。

持ち物   長靴・軍手・作業着(着替え)タオル・マスク・防寒着・必要に応じて弁当・飲み物

主催    淡路米山ため池保全ネットワーク

申し込み連絡先 080-1237-0641 または 080-1237-1497      岡本まで

このホームページのお問い合わせでも受付可能です

1月10日(月・祝)に『ナガエツルノゲイトウ』を焼却作業しました。

焼却は、今回で3回目になります。

まず、本田池(ほんでんいけ)の水を抜ききる為に、電源バッテリー&水中ポンプを使います。

排水は、「除けはき」と呼んでいる所から下流へ

資金に限りがあるので、小さな水中ポンプ&ホースで少しずつしか排水できません。

同時に前回、刈り取って枯らしたナガエツルノゲイトウを焼却していきます。

池の側壁を伝え登ったのでしょう『ナガエツルノゲイトウ』が、下の写真の赤い〇で囲んだ部分のように上の法面(田んぼのすぐ下)まで繁殖し始めています。

『ナガエノツルゲイトウ』完全駆除に向けての歴史的な一大イベントに一緒に取り組みませんか。

ご協力よろしくお願いします。

重ねて、コロナ対策のため、参加の際にはマスク着用、手・指消毒、密を避けての作業をよろしくお願いいたします。

ナガエツルノゲイトウの焼却

2022年1月7日(金)

昨日、本田池(ほんでんいけ)に繁茂している特定外来生物『ナガエツルノゲイトウ』を焼却し始めました。

昔は、池の水を抜くために『樋(ひ)』を順番に抜いていって、一番底にある『底樋』を抜き、泥吐け口を開けて全ての水と溜まった泥を掻き出していました。

現在では、サイホンを使います。パイプの取水口が届くところまでしか水を抜くことができません。

上の写真にもあるように完全に水は抜けていないので、濡れたナガエツルノゲイトウを焼却するには無理があります。

なんとかしてナガエツルノゲイトウの嵩(かさ)を減らし、2月に予定している遮光シート張りの準備をしたいのですが・・・

1月23日(日)午後1時半からは、専門家の先生によるセミナー『ナガエノツルゲイトウは駆除できるのか?」を開催予定です。場所は、本田池近くにある『ウェルネスパーク五色「夢工房」』です。

参加希望の方は、このHPのお問い合わせにメールにてお申し込みください。

明日からの3連休も少しずつ焼却作業をするつもりです。

農作業もしたいので、なかなか時間がとれないのですが・・・

玉ねぎに水やりを!!

2022年1月4日(火)

今年(昨年?)は、年賀状を作成する時間がとれず、出せずじまいでした・・・

そして、年明け早々に玉ねぎの苗すべてに水やりをしていました。

年賀状を出してくださった方々、申し訳ございません。元気に過ごしておりますm(__)m

上の写真は、早生品種『レクスター』です。

こちらは、早めに定植したので、少し苗が見えますね。

↓は、ソラ玉ちゃん2022『ターザン』ですが、定植したてで苗の根っこがまだ活着していません。

『シャルム』のページを更新しました⇒

『ソラ玉ちゃん2022』のページを更新しました⇒

2022年明けましておめでとうございます。

2022年(令和4年)1月1日(土・元日)

明けましておめでとうございます。

例年になく年末ギリギリまで玉ねぎの定植作業・出荷作業にかかっていました。

上の写真は、ソーラーシェアリング1号基です。

何も植えていないように見えますが、玉ねぎの苗を定植してあります。

向こうに見える瀬戸内海もようやく静まり波もおだやかになっています。

新年スタートは、12月に怠っていたその他の野菜のお世話からになります。

今年も頑張ります!!

どうぞよろしくお願いいたします。

玉ねぎ定植、終了しました!!

2021年12月29日(水)

今日、やっと中晩生品種『ターザン』(5月末~6月)の定植が終わりました。

やっとです。

苗が足りず、赤い枠の部分だけで、左端の2畝は植えられませんでした。

でも、ソーラーシェアリング1号基にも2号基にも玉ねぎを植えてあるので、2反分はあるでしょう。

新玉ねぎ『レクスター』(4月末~5月)も0.5反分、赤玉ねぎも少しあるので、玉ねぎ、たっぷりです。

来年11月から収穫予定の『シャルム』(11月末~3月)も植える予定なので、ほぼ年中、収穫できる計画です。

うまくいけばの話しですが・・・

さて、野菜の出荷も本日、最終日でした。

ダイダイと正月用雑煮大根とミニ金時人参のセットです。

明日からは、ほんの少し農作業もお休み(?できるかな)

新年を迎える準備をしたいと思います。

お疲れさまでした。

今日は、冬至です!ナガエツルノゲイトウ、その後。

2021年12月22日(水)

今日は、冬至です。

人生の先輩が毎年、自家栽培の柚子をたくさん持って来てくださいます。ありがたや~

今年も、その柚子を数個(もったいないので残りは料理に使います)お風呂に入れて温まりました。

湯気でピントが合ってないですね。

風情があっていいです!今年も風邪を引かなくてすみそうです。ありがとうございます。

昨日、本田池(ほんでんいけ)の『ナガエツルノゲイトウ』を焼却する初段階を試みました。

専門家の指導の下、水利組合員も一緒に作業をしました。

可燃材として池の中に生えていて枯れた草を刈り取って一緒に燃やしましたが、少量しかなかったので、なかなか『ナガエツルノゲイトウ』を焼くことはできません。

また、サイホン方式で水を抜く池なので、水を抜ききることができず、今後の課題となりました。

来年1月からは、なんらかの方法で全ての水を抜き、『ナガエツルノゲイトウ』をできるだけ乾燥させたうえで、数回に分けて焼却を進めることになりました。

2月11日(金・祝)~13日(日)※予備日14日(月)には、池の底に黒い遮光シートを張る予定なので、それまでになんとか『ナガエツルノゲイトウ』の量を減らしたいと思います。

それはそうと、

今年は、まだ玉ねぎ定植作業が終わっていません。

いろいろ用事が重なり、ちょっと遅れています。

やっとこの圃場の半分を植えました。残り半分、明日も苗取り⇒定植作業が続きます。

11月末に降った大雨の影響がいまだに残り、土に水分が多く含まれていて、移植機が思うように使えません。

植え直しを手作業でしています。

12/25(土)からは年末用の野菜の出荷がピークに入るので、出荷野菜の収穫・洗浄・袋詰めをたくさんしなければなりません。

たまねぎの定植作業を明日、明後日のうちになんとか終えたいと思います!!

無理だろうなぁ・・・

ソラ玉ちゃん2020

ソラ玉ちゃん2021

ソラ玉ちゃん2022

ソーラーパネル、反転させた!!

2021年12月10日(金)

まだ、ソラ玉ちゃん2022の定植ができません。

近所の玉ねぎ農家さん達もなかなかトラクター耕運できないので、玉ねぎ定植できずにいます。

ソーラーシェアリング2号基下でもソラ玉ちゃんを植えようと思っていますが、圃場が乾かないので今日は、ソーラーパネルを反転させました。

良い天気で発電もたくさんしそうでしたが、農業優先なので影を少なくするために反転させました。

赤い〇で囲んだ部分を見てください。細くなってますね。影がほどんど無いです。

普通なら下の写真↓のような影ができます。

年内に定植が終われますように(祈)

上の写真は、ダイダイです。

年末には、お正月の飾りや酢の物やダイダイ湯に使うために出荷します。今年は、きれいなダイダイが豊作ですよ。

レモンは、すべて収穫しました。今のところ幼い木が1本しか無いので、全部で50個程度の収穫でした。

少しですが、出荷しようと思っています。

明日も良い天気ですね。

農作業、頑張ります!

ソラ玉ちゃん2022が定植できない!!

2021年12月4日(土)

11/30(火)夕方からの大雨と雷と強風は、玉ねぎを定植しようと思っている農家(あわそらファームも含む)に、大きなダメージをあたえました。

雷がすぐ近所に落ちました。そして、昨日の地震にも驚きました。この付近は震度3でしたが。

すでに定植作業を終えた新玉ねぎの苗は、根が張る前の物は流されたそうです。

そして、今から植える中晩生(なかおくて)品種の玉ねぎは、上の写真のように水田になりそうなくらい水が溜まってしまい、ぬかるんでトラクターで畝作りができません・・・

これから、ずっと晴れ間が続き、早く圃場が乾きますように!!

いつ植えられるのかなぁ・・・

ソーラーシェアリングで栽培中の正月用雑煮大根は、順調に育っています。

太さは500円玉くらいになってきたので、ちょっと早過ぎかもしれません。

年末の出荷に向けて良い太さに育って欲しいです。

昨年の正月用雑煮大根の収穫の様子はこちら⇒

そして、昨日は、椎茸菌をクヌギやコナラの原木に打ち込み作業をしました。

毎年、少しずつ本数を増やしていこうと思っています。

これからが楽しみだなぁ。

シャルム、初収穫初出荷

11月26日(金)

24日(水)に神戸の元町マルシェさんに今年のシャルムを初出荷しました。

まだまだ大きさの揃ったものがないので大量に収穫できません。

詳しくはシャルムのページをご覧ください。

他にも少しずつ収穫できるものができてきました。

今年は、夏(7、8月)に雨が多く、ぬかるんだ畑で耕運・種まきが思うようにできず、冬野菜の収穫が遅れています。

サンチェ・赤茎ほうれん草・落花生4種類・万木かぶ・サラダかぶ・ルッコラ・大根間引き菜などを少しずつ収穫するのが精いっぱいです。

年明けからはもっとたくさんの野菜が収穫できるようにがんばります。