投稿者「あわそらスタッフ」のアーカイブ

あわそらスタッフ について

淡路島で最初にできたソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)の下で、特産の玉ねぎ「ソラ玉ちゃん」や様々な野菜を育てています。 淡路島でのーんびり農業体験してみませんか。

特定外来種『ナガエツルノゲイトウ』か!?

2020年10月22日(木)

淡路島では未確認(?)だったかもしれない特定外来種生物『ナガエツルノゲイトウ』が、当農地も使用している田主(水利組合)管轄のため池で群生しているかもしれません。

環境省ホームページより『ナガエツルノゲイトウ』

http://www.env.go.jp/nature/intro/2outline/list/L-syo-06.html

これが、その水草の写真です。

池の半分近くまで水面を覆う勢いです。

上の写真は、除けはけと言われている排水口ですが、外まで出ていっている可能性もあります。

これが本当に特定外来種の『ナガエツルノゲイトウ』ならば、勝手に伐採し外の場所に移動させることは禁止されています。個人なら懲役3年以下または300万円以下の罰金だということです。

環境省ホームページより

特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律

https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=416AC0000000078

現在、水利組合では臨時総会(10/24)を開くべく、関係者が実態の収集にあたっています。

上の写真は、『おいて』と呼んでいるわたしどもの田んぼに咲いている草ですが、なんか似てるような気が・・・

新米をありがた~く頂く

2020年10月16日(金)

おかげさまで『ソラ玉ちゃん2020』は、完売致しました。

今年もソーラーシェアリング設備下で育てた「淡路島玉ねぎ」=「ソラ玉ちゃん」

をたくさん食べていただきありがとうございました。

来年6月収穫予定の『ソラ玉ちゃん2021』もどうぞよろしくお願いいたします。


農業に従事し始めて3回目の米収穫を迎えています。

10/13(火)にソーラーシェアリング2号基下で栽培した『ヒノヒカリ』を収穫しました。

『トビイロウンカ被害』の為、収穫作業は難航。1反余の収穫に4時間かけてしかも収量は標準の三分の一でした。厳しい状況です。

ウンカ被害の稲は刈り残し、翌日から焼いていきました。

とても悲しい経験になりました。来年もウンカ被害はあるだろうとの予測があるのでなんとか対策をとって今回のようなことにならないようにしたいです。

それでも、幸い、中の田んぼ(10/7稲刈り)は、昨年より3袋の減収で済んだので、本日、少しだけ精米して新米のご飯を炊きました。中の田んぼの稲刈りの様子はこちら⇒

84歳の母も「去年よりええ出来栄えや!美味しいし粒も去年より大きめで香りもええ」と話しながら喜んで食べていました。

全国(特に九州・中国地方)でウンカ被害がひどく、中には自分たちで食べるお米も収穫できなかった農家さんもいるそうです。何といっていいのか言葉も見つかりません。

そんな中、わが家では新米をいただくことができて感謝感謝です。

その他野菜のページを更新しました。さつまいも掘りをしましたよ。

昼に咲く月下美人!!稲刈り半分終了

2020年10月10日(土)

日差しを浴びる「月下美人」…!?。

夜に咲き朝にはしぼむ月下美人の花を、日中に咲かせることに成功した。人為的に昼夜を逆転させることで開花をコントロール。「昼ならば多くの人に見てもらえる」と地元の学校などで展示している。

・・・と、10/9(金)の神戸新聞に掲載された我らが人生の師匠!!

残念ながら新聞記事の写真は著作権なんたらでここには載せられませんが、いつもながらのとっても素敵な笑顔と白い大きな月下美人の花の写真です。

発想の転換ですねぇ。夜に咲く花を昼間に咲かせたいとは考えても、実行に移す人は少ない。頭で考えるだけでなく実際にやってみる。人生の師匠にはいつも学ばせてもらっています。

↓の写真は、昨年、師匠宅で見せていただいた夜に咲く月下美人です。

さてさて、あっという間に10月に入って、なんと10月7日(水)に中の田んぼの稲刈りをしてしまいました。予定では10/15~17頃だったので10日も早い稲刈りです。

品種は『ヒノヒカリ』青(緑)色の割合が多く、含有水分量も半端なく多い(‘Д’)

出穂からの積算温度は、1076.7℃

ヒノヒカリの稲刈り適期基準1000℃~1050℃は超えています。

刈った理由⇒台風&10/8から5日間の雨予報だった&『トビイロウンカ』被害の拡大

少しだけJAに出荷して後は家に持ち帰り、保有米として玄米冷蔵庫や保管倉庫で保管します。

ソーラーシェアリング2号基の『ヒノヒカリ』は、まだ刈っていません。

長雨の前にウンカ被害部分を少し手刈りしました。

4日間雨が続き、今日はこんな状態です。

こちらは、どっちみち早くから倒伏していたので、稲が完全に実るまで放置。

10/15-17辺りで刈れたらいいなぁと思いますが、どうでしょうかねぇ。

ソーラーシェアリング設備下では、一般露地栽培より積算温度が低いので、もう少し時間がかかるかもしれません。稲穂をよく観察して刈り時期を定めたいと思います。

10月は、稲刈りの他、落花生や紫芋・安納芋などのさつまいも収穫もしなければなりません。

人生の師匠のようにいい~笑顔で収穫したいですね。

ソラ玉ちゃん2021の種まきしました!!

2020年9月30日(水)

昨日、ソラ玉ちゃん2021の種まきをしました。

今年も種蒔き機をレンタルして、中晩生品種の『ターザン』2缶の播種です。

先に早生品種の『レクスター』半缶も播種してあります。↓

詳しくは「ソラ玉ちゃん2021」のページをご覧ください。

 

明日から10月ですね。

一気に朝晩の気温が下がりそうです。

皆さん、体調にお気を付けくださいね。

 

トビイロウンカ、発生中!!

2020年9月22日(火)

今年は梅雨明けが遅く7月いっぱいまで毎日毎日、雨・雨・雨。

そして、梅雨明け後は晴れたのは良いのですが、毎日、高温・高温・高温。

発電量が過去最低(1号基8月は最低から2番目)でした。

詳しくは『発電実績』のページをご覧ください。

淡路島ソーラーファームがある地域では今、『トビイロウンカ』があちらこちらで発生しています。

西日本や中部地方でも多発しているようです。

兵庫県病害虫防除所は9月16日、県内全域におけるトビイロウンカの多発を受け、急いで防除を徹底することを促す「警報」を発信した。過去の警報時(平成26年)の2倍以上の発生が確認されている。

近くの田んぼでも↓

当農園でもお米を作っているので、防除のため農薬散布をしました。

効果を発揮してもらえるとありがたいのですが・・・

稲刈りは10月中旬頃なので心配です。

農業委員、1号基の現状確認。

2020年9月18日(金)

ここしばらくは夏野菜の撤去、冬野菜の種まき、来春の玉ねぎ種まき準備と、バタバタしていました。

9/16(水)には早生玉ねぎの『レクスター』『錦毬』という品種の種まきを終えました。

他に『人参(ちはま五寸人参)』『大根(秋の彩)』『こかぶ(あずま金町)』『赤丸二十日大根』『ビーツ(デトロイトダークレッド)』『蕎麦』も種まきしました。

定植したものは『ブロッコリー』『芽キャベツ』『紫キャベツ』『白菜』『サンチェ』です。

9/8に定植した『シャルム』は10日間でこんなに大きく生長しました。

ところで、今日午前9時に洲本市農業委員の方々が市役所の係りと一緒に1号基の現況視察に来られました。

来週にも行われる「農業委員会」で審議され通れば兵庫県知事より3年間の一時転用(支柱部分の合計面積)が許可されます。

今後の3年は再び『玉ねぎ』で申請。既に設備下の一部では『シャルム』を育成中ですので、

「しっかり営農をしているなぁ」という感想をもってくださったと思います。

結果が楽しみです。

シャルムのページはこちら⇒

シャルムの定植開始

2020年9月8日(火)

台風10号で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

淡路島でも強風と時々大粒の雨が激しく降ることはありましたが、淡路島ソーラーファームは被害はありませんでした。

さて、今日はソーラーシェアリング1号基で『シャルム』の定植を始めました。

今年は昨年の作付の三分の二程度に縮小。少量高品質でいこうと思います。

詳しくは『シャルム』のページをご覧ください。

明日は元町マルシェさんへの出荷日です。

早朝より収穫し、神戸元町へ新鮮なままお届けしたいと思います。

1号基の更新書類提出完了!!

2020年9月4日(金)

本日、ソーラ-シェアリング1号基の2回目(6年)の更新手続き書類を農業委員会に提出してきました。

個人情報他、黒塗りさせていただいてますのでちょっと不気味ですが・・・

左から『農地法第3条』

真ん中2つが『農地法第5条』の原本と写し

そして、一番右は、農政課に先に提出した『洲本市長の意見書』をもらうための書類。

差はありますが、40ページずつぐらいの書類を3種類用意しなければなりません。

共通のものもあるし5条だけに添付するものもあります。

2014年10月に1号基は淡路島で初めて認可され、3年毎の更新手続きも今回で2回目。

これで問題なく許可が下りれば7年目スタートです。

やれやれ、一安心・・・と、言いたいところですが、

台風10号がとんでもない勢力のまま日本に近づいています。

どうかどこにも被害がでませんように(祈)

排水溝の草を取り除いたり、ソラ玉ちゃん2021の苗床用に土壌消毒中のシートカバーを頑丈にしたり、地這えきゅうりやサンチェ(チシャ菜)の周りに刈った草を置いて風除けにしたり・・・

明日は土嚢作り、その他飛ばされそうな物を除けたりします。

家の方でもいろいろ準備しないといけません。早め早めの対策が肝心です。

皆さんもどうぞお気を付けください。

落花生の様子

2020年8月31日(月)

今日も暑かったー!!

洲本市の最高気温は37.9度で全国4位だったようです。

午前中と夕方5時からだけしか農作業はできません。

今日は夕方5時でも34度近くなので、真昼間の畑作業は命の危険を感じます。

秋冬野菜の種まきや定植作業、夏野菜の整理整頓などもしなければなりませんが、事はなかなか進みません・・・

こんなに暑いのに落花生は子房柄が地中目指して頑張っている・・・すごいなぁ

落花生(子房柄)が地中にうまく入れるように草引きを頑張りました。

今年はソーラーシェアリング2号基下ではなく露地栽培です。パネルの影が無い・・・

おっと、草と一緒に子房柄を抜いてしまいました。

もう、小さな落花生が出来始めています。

まだまだ暑いですが、確実に秋の実りが近づいていますね。

明日から9月です。

落花生の収穫は、本年開花6/29の95日後。すなわち10/5頃から始まる予定。

今年も『千葉半立ち』『黒落花生』『マーブルピーナッツ』『ホワイトピーナッツ』の4種類を栽培中です。

美味しい落花生が食べられるのを楽しみにお待ちくださいね。

若い力と農業の近代化

2020年8月25日(火)

先日、『ソーラーシェアリング』を研究テーマに勉強中の神戸市内の高校生から久しぶりにメール&電話がありました。更に詳しい内容や実態について聞きたかったようで・・・

その後、再びメールが入りました。

なんと東京で研究テーマ発表の場があり、最優秀賞に選ばれたということでした。

素晴らしいですねぇ。

彼とそのチームが作成したYoutubeをご覧ください。↓

この続きが見たくなりますね。後編も作成して欲しいです。

さて、今日、近所の田んぼ(稲)にドローンを使っての農薬散布をしていたので、ソーラーシェアリングでもできるのか直談判してみました。

すると直ちにトライしてくださり、あっという間に農薬散布終了しました。

その時の動画はこちらです↓

稲が約1mにまで生長しているので実質高さの余裕は2.5mしかありませんし、支柱間隔は約5m

初めての場所でもいとも簡単にドローンを操り、サクッと農薬散布は終了。

10a(約1反)の農薬散布が5分程度で終了。

暑い中、防護服や防護マスクを着用して重い農薬を背負ってぬかるんだ田んぼに入る。稲をかき分けて稲の根っこを傷めるかもしれない!そんな心配もせずに本当に汗もかかずに終わり助かりました。

これからの農業は、古来の風習も踏まえつつ、新しい考え方に柔軟に対応し若い力や近代の知恵を取り入れながら行っていかないとなぁと思った今日この頃でした。