新しく栽培した野菜

2019年3月26日(火)

明日は元町マルシェさんへの出荷日ですが、初めて出す野菜があります。

2019.03.26.アスパラガスシャワー01
2019.03.26.レッドボール01

詳しくはその他野菜のページをご覧ください。

今日は、近所のおじさんが伐採している竹をいただきに行ってきました。

支柱や梁、原木椎茸栽培の井桁の底じきに使うためです。

それにしてもすごい竹です。

2019.03.26.竹伐採01
2019.03.26.竹伐採02

石垣が見えますが、お城じゃないですよ。民家跡地です。

家の気配は竹やぶに入らないと見えませんが、竹の勢いは凄いです。

この石垣の下に近所のおじさんの田んぼ(畑)があるんです。今は切り落とした竹でいっぱいですが、昔、ここで農作物を育てていたそうです。上の民家跡から竹が覆いかぶさってきたので伐採し、もしかしたら田んぼ(畑)を再生するのかもしれません。

今日は20本ほどいただいたのですが、また時間あるときにもらいに行きたいです。

2019すもと食フェス&マラソン終了

2019年3月19日(火)

3/17(日)にすもと食フェス&マラソンがありました。

2019.03.17.すもと食フェス&マラソン01
2019.03.17.すもと食フェス&マラソン02

あわそらファームの前を走るので頑張って応援しました。参加された皆様、お疲れ様でした。

来年もあるといいなぁ。

3/18(月)にシャルムの種まきをしました。詳しくはシャルムのページをご覧ください。

アーモンドの花が咲きました。

2019.03.19.アーモンドの花01
2019.03.19.アーモンドの花02

きれいですねぇ。

今年で2年目開花を見ました。今年はアーモンドの実がなりますように。

その前にお花見でもしますか。楽しみです。

2019食フェス&洲本マラソン、落花生を少しプレゼント

2019年3月14日(木)

3月17日(日)に行われる2019食フェス&洲本マラソン大会のプレゼント用に、ソーラーシェアリングで育てた落花生(焙煎済み)を1袋に約15g(約10個)ほどですが、約200~250名にプレゼントしようと、ただいま、準備中。

マラソン参加者に粗品としてお渡ししたかったのですが、600名近く参加される全員にお渡しするほど多くは作れなかったので、大会担当者と打ち合わせをして、12時からスタートの食フェス(ウェルネスパーク五色)の食券購入者さま先着220~250名?にプレゼントすることになりました。

まだ準備中なので最終的に何名にプレゼントをご用意できるか・・・

16(土)午後には大会担当者にお渡しすべく、頑張っています。

食券は、ウェルネスパーク五色の芝生広場内の受付テントで購入できると思います。5枚つづりで1000円だそうです。

煎り落花生プレゼントは無くなり次第、配布終了となりますのでご了承ください。

アーモンドの花

今年もアーモンドの花が咲き始めましたよ。

17日(日)のマラソン大会には何輪か咲くと思います。

楽しみですね。

マラソンコース、
ここから急な下りが始まります。

都志港が見えます

向こうに見えるのは都志港。

そして、瀬戸内海はキラキラしていてとてもきれいです。

1/10マラソンコースは上り下りが多くキツそうです。ですからせめてコースほぼ頂上からのこの景色を楽しんで走ってくださいね。

当日は、どこで応援しようかな~と迷ってしまいます。

2019すもと食フェス&マラソン開催まであと10日

http://www.city.sumoto.lg.jp/sumotorun/2019/

2019年3月7日(木)

2019すもと食フェス&マラソン
~高田屋嘉兵衛翁生誕250周年スピンオフ大会~
まであと10日になりました。

3/17(日)にここ米山地区を走るコースでの開催とあって、今から住民としてもワクワクしております。

大会に申し込まれた方が、試走する姿もちらほら見られます。

思わず「頑張って下さい!!」と、声をかけさせていただきました。

何かわれわれにも参加できないものかと考え、大会担当者とも話し合い、ソーラーシェアリングで育てた「落花生(焙煎)」を少しずつ(一人10さや程度)ですが無料でお渡しすることにしました。

地元・洲本市の農家さんが育てた『落花生』ということで配布してくださいます。味見してみてくださいね。

殻入りなのでその場で試食してくださる方は、空いた殻はお持ち帰り後に処分するかゴミ箱へ入れるようにお願いいたします。


配布場所・時間等の詳細は、決まり次第このHPに載せますので。

このホームページのメニュー(一番上)に淡路島ソーラーファームへのアクセスを載せました。

新玉ねぎが

2019年2月25日(月)

もう淡路島の新玉ねぎがどんどん出荷されているのに、うちの新玉ねぎが大きくなりません。

2019.02.25.フォーカス01
2019.02.25.フォーカス02

一番大きいのでも直径5cmぐらいでしょうか。他のは3cmぐらいです。

品種は『フォーカス』葉も食べられる極早生です。

淡路島の中でも温暖なここ都志米山では、標準より早めに生長するようで、

去年は1月下旬には出荷していたのですが・・・今年は標準の3月に入ってからの出荷になりそうです。

毎日、せっせと草引きしております。

昨日は、『長芋』の定植を済ませました。

そして、ジャガイモはどんどん芽が出てきました。

アスパラガスの芽が出ないかなぁと今からワクワク。

春が近づいていますね。

淡路島ソーラーシェアリング協会、誕生!!

2019年2月21日(木)

本日、『淡路島ソーラーシェアリング協会』を立ち上げました。

淡路島ソーラーファームのHPの最上部に固定ページを常設しましたので、

詳しくはそちらをご覧ください。※まだ、立ち上げのお知らせだけですが・・・

HPは今後、充実させていく予定です。

淡路島ソーラーシェアリング協会のページへ


毎年2月は報告書提出です

2019年2月15日(金)

ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)をしていると、毎年2月に農作物の様子を報告しなければなりません。

ことあるごとに野菜の写真を撮ってあった中から、作物とソーラー設備が一緒に写っているものを選んで添付したり、畑のどの部分で栽培していたか図面に描いたり、知見を有する人に意見書を書いてもらったり・・・

1号基、2号基の2つ分作成。

今日、JAの有識者に意見書を書いていただくため、できた書類を持って行って来ました。来週末には洲本市農業委員会へ提出しようと思っています。

毎年毎年、大変ですが、考えようによってはこの1年間の振り返りができて良いかもしれません。

しんどい、めんどくさい、大変!と思わず、前向きに振り返りましょうかねぇ。(笑)

日本PVプランナー協会さん、見学に来られました。

2019年2月9日(土)

昨日、午後2時から淡路島ソーラーファームに大勢の方が見学に来られました。

一般社団法人日本PVプランナー協会 中国・四国地区の見学会です。

一般社団法人日本PVプランナー協会さんは『私たちはPVプランナー、PVシステムインテグレーターの育成を行い、太陽光発電の健全な市場発展に努めます』を理念に掲げ、2012年10月に設立されたそうです。

ソーラ-シェアリング(営農型太陽光発電)は、現在では全国で1300を超える認可数にもなり、うちのような小規模・個人農家・農業経験ゼロスタート・建設営農開始後4年経過で最新鋭システムでもITでもない・・の話を聞いていただいても皆さんのお役に立てないのでは?

不安を抱えつつ、見学会スタート!

1号基の前で集合写真。パチリ。 向こうには瀬戸内海と薄っすら小豆島が見えています。


1号基建設に至る経緯や現状についてオーナーから簡単に説明

パネルが稼働する『ソラカルシステム』も見ていただき、一人の方には実際にハンドルで動かしていただきました。動画撮影もされていました。

現在、栽培中の野菜はビニールトンネル内が多く、中が見えないので口頭で紹介させていただきました。

『赤(紫)キャベツ』『人参』『カラー人参』『ラディッシュ』『ベビーリーフ』『小松菜』『サラダほうれん草』『ブロッコリー』『大根』を農薬や化成肥料を使わずに栽培中。

空いている畝には年末まで『正月用雑煮大根』『金時人参』を栽培していました。

春夏には、『トマト』『ナス』『きゅうり』『ピーマン』『パプリカ』『とうもろこし』『枝豆』『落花生』『バジル』『ブロッコリー』『人参』『ほうれん草』・・・も栽培していましたとお話させていただきました。

あまりにも寒いので早々に切り上げて、2号基へ移動。

2号基の横にある農業用倉庫に入って、自家栽培の『六条大麦』で作ったホット麦茶を皆さんに飲んでいただき、ソーラーシェアリングで育てた『落花生』『ブラックピーナッツ』を試食していただきました。

オーナーから、2014年当時ソーラーシェアリング設置までの苦労(農業委員会申請・まだまだ設置例が少なかった現地視察・玉ねぎ栽培の情報収集・地域の方とのつながりの重要性等)、そして、現在、農業未経験なのに会社員早期退職し農業を楽しんでいること、野菜の販路のこと、毎年2月の栽培作物の報告書や3年毎の一時転用更新手続きのことなど、お話させていただきました。

太陽光発電システム設置や販売のプロの皆さん。最先端の技術や設備・大規模経営のソーラーシェアリングも見学研修をされ大変詳しくご存じですが、現在の日本が抱える田舎農家の悩み・・・

どこにでもあるような小さな農家(我が家のことですが)の一つの物語にも理解を深めようと熱心に聴いてくださいました。

歳をとって農業できず田畑の行く末を案じている親。

親が耕作できなくなり荒地になってしまった農地をなんとかしたいが農業では生活できないと悩んでいる子。

まさしくうちがこの典型的パターンでした。

それが、ソーラ-シェアリング設置をして本当に良かったなぁと思いながら、親子で毎日のように話をしています。

2018.12.04.2号基の様子01

淡路島ソーラーファームの設備設置をしていただいた株式会社スマイルあわじの長尾社長と同社の農業法人ご担当の方々、淡路島にIターンで移住し同町内で有機農産物栽培を始められた2人の方も参席してくださいました。

長尾社長からソーラ-シェアリング建設当時のご苦労や設置後の設備維持管理についてご説明いただいたり、Iターンで農業を始めたお若い方からも農業と再生エネの融合に非常に魅力を感じているとの感想をいただいたりしました。

前日まで季節外れの暖かさだった淡路島に、寒波が来た見学会当日。寒かったー

外は、冷たい風が吹いていましたが、倉庫内で行われた会やその後の情報交換会では気持ちがだんだん熱くなってきました。

皆さまの熱心なお気持ちにふれさせていただき、これからも営農を楽しみながら、また、見本になれるようにがんばっていこうと思いました。

本当にありがとうございました。

1号基、売電開始から丸4年経ちました

2019年2月6日(水)

午後4時で丸4年経ちました。

総売電量は4年間で138372.6-10.2=138362.4kWh ※メーター10.2kWhからスタート

詳しい発電実績については、こちらをご覧ください。発電実績→

今日は、1号基の野菜を元町マルシェさんへ出荷しました。

『サラダほうれん草』や『カラー人参(イエローやクリーム)』『小松菜』『ラディッシュ』『ベビーリーフ』『ブロッコリー』などです。

2019.02.06.元町マルシェさんへ出荷01

詳しくは、その他の野菜のページをご覧ください。その他野菜→http://awasora-farm.com/%e3%81%9d%e3%81%ae%e4%bb%96%e3%81%ae%e9%87%8e%e8%8f%9c/

今、ちょっと部屋で暖めている植物があります。

2019.02.06.金蓮花01

どんなふうに育つかこれから楽しみです。

原木椎茸栽培に挑戦中です

2019年2月4日(月)

昨年12月に切ってあったクヌギに菌を打ち込みしました。

2019.02.04.原木椎茸植菌01

電動ドリルで穴を開けて

2019.02.04.原木椎茸植菌02
2019.02.04.原木椎茸植菌03

駒というものを木槌で打ち込みました。

2019.02.04.原木椎茸植菌04
2019.02.04.原木椎茸植菌05

初めての体験することが多い農業。楽しいですねぇ。

収穫できるのは2年後だそうです。

そういえば2年後から収穫できるというアスパラガスも初栽培中ですが、これはこの春から収穫できそうです。2年ってあっという間に過ぎますね。

2年後にまた楽しみが増えました。